有害鳥獣捕獲状況

現在、代表および副代表が波佐見町より委嘱を受け有害鳥獣駆除を行っています。

波佐見町では、イノシシ・アナグマ・アライグマが有害鳥獣として、

農家被害防止などを目的として駆除隊員による駆除が行われています。

長崎県全体では、特にイノシシ・シカによる農業被害が顕著であり、

箱罠による捕獲が最も一般的な有害鳥獣捕獲方法となっています。

猟銃を利用したり、括り罠を利用した捕獲に比べれば危険度は下がりますが、

捕獲個体の重量によっては、捕獲に掛かる負荷は相当なもので、

高齢化が進んでいる猟師さんのご苦労は察するにあまりあるものです。