食肉加工処理

弊社は、厚生労働省の「野生鳥獣肉の衛生管理に関するガイドライン」に準拠し、猟師さんにて捕獲された鳥獣(イノシシ等)を捕獲後概ね1時間以内に施設に搬入し、迅速に解体作業を行っています。

すべての加工品は、捕獲個体ごとに商品管理を行うことで、野生鳥獣特異の個体差による味の違いを十分にお楽しみいただけるよう配慮しております。

安全で美味しいお肉をお届けするために、多くの食肉加工実績を持つ食肉加工施設の指導および協力を得ながら、作業には細心の注意を払っています。

代表による解体作業の研修光景です。

また、捕獲個体の状況は猟師さんの申告に基づき個体識別番号を付与して、厳格に捕獲状況や食肉加工処理状況を管理しており、商品に付与させていただき、万が一のトラブル発生時にも、原因追求ができる仕組みを構築しています。

猟師さんに対しても、なるべく安心で美味しいお肉を提供いただけるために、捕獲後の処理方法についても事前講習を行うなど、品質管理に努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA