2021年3月19日付日刊ゲンダイ紙に記事掲載いただきました。

コロナ禍においていろいろな働き方に注目されている中で、

東京から長崎に移住して、イノシシの解体処理場を運営しているのは珍しいと、

旧知のライターさんからお声がけいただきまして、首都圏などで販売されている新聞

「日刊ゲンダイ」にて、移住・狩猟生活スタート・会社創業の経緯を取材いただきました。

脱サラ&長崎移住→町議になった男性の兼業ハンターライフ

首都圏で、狩猟などには興味もなかった読者の方に、すこしでも関心を持っていただき、

田舎で暮らすときの、一つの働き方として考えるきっかけになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA